<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年 02月 28日
Sunset
e0042657_22534249.jpg




ひょこっと落ちてきた夕日。

すぐ地面に沈んでいく。

人はこうしたほんの一瞬を

楽しむことができる。

それってすばらしいじゃん。
[PR]

by sogti | 2011-02-28 22:55 | Photography
2011年 02月 16日
Orange
e0042657_21251373.jpg



富士山のシルエット。
[PR]

by sogti | 2011-02-16 21:25 | Photography
2011年 02月 13日
Untitled
e0042657_144482.jpg

[PR]

by sogti | 2011-02-13 23:59 | Photography
2011年 02月 13日
Justice of Honesty
e0042657_1104034.jpg




ちょっと前に、

"Justice: What's the right thing to do?

「これから「正義」の話をしよう」

という本が流行りましたが、

何が本当の正義なのか?

そんな事が題材になっている

非常に考えさせられる本でした。


最近、二つほどドラマを見て、

考えさせられる事があったのです。

とってもミーハーな今時のドラマですが・・・笑

「大切なことはすべて君が教えてくれた」



「スクール」です。

主人公が両方共教師・・・

という所が重要なんじゃなくって、

共通点は、主人公が、

とても正直で正義感の強いタイプという所です。

では、なぜそれついて考えさせられるのか。

この両方のドラマ中で、

主人公が純粋で真っ直ぐで正直な故、

自分のその正義感を貫き通そうとして

逆に他人に迷惑をかけてしまうという

ストーリーなのです。

正しい、正義だと思ってやっていることでも、

実は相手もしくわ、周りが迷惑する・・・。

本当に「正しいこと」とは、

自分の考える正義を貫きとうすことなのか、

それとも周りにとって最良の選択をすることなのか。

恋愛でもビジネスでも、

相手の立場になって考える事は

非常に重要だと思います。

同時に、自分の中で「軸」というものを持つのも

非常に重要だと思います。

要は、その二つのバランスなのでしょうか。

ただ、1つ思ったのは、

いろいろな視点から物事を判断する力をつける

ことは大切ではないかと。

だから、いろいろな価値観を持っている人と話して、

「こんな考え方もできるんだ」と思うことも重要ですよね。

そうやって、自分の考え方の「幅」を広くする、

でも「軸」は広くしない。

なんかうまくまとめられませんでしたが、

そんな事を二つのドラマを見て、

こんな感じの事を思ってしまいました。
[PR]

by sogti | 2011-02-13 01:10 | Life
2011年 02月 08日
Torch
e0042657_03719100.jpg




綺麗な夜には

綺麗なライト。
[PR]

by sogti | 2011-02-08 00:27 | Photography
2011年 02月 07日
Samurai Blue
まだ見てない人はどうぞ。


[PR]

by sogti | 2011-02-07 23:59 | Movie
2011年 02月 01日
A Tower of Light
e0042657_0341537.jpg

[PR]

by sogti | 2011-02-01 21:02 | Photography


    


[