カテゴリ:Events( 10 )

2011年 10月 03日
UIA 2011 x Tadao Ando
e0042657_055492.jpg



少し前の話になりますが、

友人に誘われて(というかお願いして)、

UIA 2011で行われる安藤忠雄さんの講演会に参加してきました。

UIAというのは国際建築家連合という団体で、

3年に一度、世界大会が行われるそうです。

そして2011の舞台が日本だったということですね。

開幕の初日、安藤さんが「建築とはなにか」を題材に公演をしました。

安藤忠雄さんといえば、数々の有名な建築物を世に送り出してきた

世界を代表する建築家ですが、

安藤さんの線を強調したSimpleな建築とは裏腹に!?

とても気さくなキャラクターをお持ちの方です(笑)

結論から言うと、とっても中身の濃い講演でした。

自分はまったく建築の業界とは違う業界にいますが、

同じ社会人として非常に学ぶことが多かった気がします。

箇条書きですが、学んだことを書き残しておこうと思います。


・都市構想とは人工でもいいから、自然とどう調和するか

・建築家の仕事は人が集まる場所を作ることだ、それは人々の生活を豊かにすることだ

・日本よ、昔に縛られてないで、新しい発想を

・過去にとらわれず、過去を活かして新しいものを創れ、それが文化を後世に伝える方法だ

・仕事はもらうものではなく自分で創るもの。

・たとえそれが受け入れられなくても熱心に伝え続ける。そしたら自分のやりたいことの半分ぐらいは実現できるもの。でも自分から行動しなければ何も生まれない

・何でも体感することが大切

・若者よ、教養ばかり身に付けずに、野生・野心・野望を持ってなんでもチャレンジしろ


特に、「なんでも体感することが大切」という言葉は、

実際に安藤さんの言葉を聞いて納得してしまいました。

本を読んで、人生の教訓的なものを何回も目にしていますが、

やはり、実際に偉業を成し遂げた人から聞く言葉は、

まったく重さが違います。

こういった機会をもっと持って、

普段の生活に活かしていきたいと思います。

*写真は安藤さん作の直島にあるベネッセホテルです。
[PR]

by sogti | 2011-10-03 00:54 | Events
2010年 09月 25日
Artsy Season
あんなに暑かったのに、

一日で秋になってしまいましたね。

秋になったので、思う存分Artを楽しまなければと思い、

せっせといろいろな所に行っています。

e0042657_15281712.jpg


まず、Tokyo Photo 2010。

かなり大きい写真展でした。

あまり写真展とか行ったことなかったのですが、

刺激を受けますね、他の方の作品を見ると。

来年も是非行きたいです。

e0042657_15282143.jpg


その次はKieth Jarrett Trioのコンサート。

実はこれは今年の3月にチケット発売と同時にゲットした、

念願のライブ!

いやぁ・・・よかった。

大人のジャズって感じでした。

Keith Jarrett歴は10年以上だったので、

生を聞けてちょっぴり感動してしまいました。



さ、もっといろいろな所に行かなければ!

皆さんも、短い秋を思う存分楽しんでください。
[PR]

by sogti | 2010-09-25 15:37 | Events
2009年 05月 24日
D1 GP in Odaiba
e0042657_1162082.jpg



車好きにも関わらず、

実は、

ドリフトを生で観た事が無かったりして・・・。

ということで、

お台場で観てきました。

プロのドリフト。

いやぁ・・・・結構面白いですね。

生は迫力があるし、

主催者側もかなりいろいろ考えて

盛り上げようとしています。

土屋圭一さん、流石ですね。

実は小学校の頃、

彼と握手した事があります。

まだ彼が現役でレースをしてた頃に。


こういった車のイベントがもう少し

普及すると良いですね。

ほんっとふつーに楽しいから。

ビデオもどうぞ。






[PR]

by sogti | 2009-05-24 01:20 | Events
2009年 05月 23日
Climbers
e0042657_194065.jpg



な、なんと、

登山に行ってきました。

とは言っても、

初級中の初級、

高尾山ですが(笑)。

天気も良く、

緑がとてもキレイでした。

ただ・・・人が多い・・・・。

けど、結構登山面白いかも。

(Canon IXYで撮影)
[PR]

by sogti | 2009-05-23 01:11 | Events
2009年 04月 26日
Asura
e0042657_22433152.jpg



昨日は天気も悪く、

うだうだでだらだらな一日だったので、

今日はちょっと早起き。

洗濯・掃除なんかしちゃっって、

午後は博物館へGO!

前からちょっと気になっていた阿修羅展へ。

GWに西の方に行くので、

その下準備!?としても良いかと。

なんでも、この阿修羅展、

あまりに人気なため、

閉館時間を午後8時まで延ばしたのだとか。

さらには、ショップで売っていた

「阿修羅フィギュア」?が売れに売れ、

増産したのにも関わらず完売してしまったそうです・・・。

はて、阿修羅を皆さん部屋に飾っているのでしょうか・・・・。

ま、そんなわけで、

結構期待して行った阿修羅展。

結論から言うと、

なかなか良い!!

素人的な感想しか言えませんが、

なんと言っても、阿修羅像他、

いろいろな仏像って・・・ライトアップされていると

なんかものすごく存在感がありますね。

表情から、佇まいから、

何かを感じさせられます。(だから何を感じるんだよ?って?)

ま、とにかく、仏像系に興味がある方は、

是非!お勧めです。

そーーーして、

もう一つ収穫が・・・・。

上野国立博物館の敷地内をふらふら歩いていると、

なんとも、とってもすてきな建物が・・・・。

「法隆寺博物館」

だそうです。

何気に建築フェチなのですが、

この建物、ものすごい気に入ってしまいました。

中は入らなかったのですが、

次回はカメラをもって行こうかなと。

やはり、芸術に触れると、

心が豊かになりますね。

っていうか、なった気がします・・・(笑)。

e0042657_22534695.jpg

[PR]

by sogti | 2009-04-26 22:54 | Events
2009年 02月 23日
An alpinist
e0042657_23385899.jpg



今日は、

コスモ石油が協賛している

Earth Conscious Actという活動の一環として

アルピニスト野口健さんの講演会に行ってきました。

実は、彼、僕の高校の先輩なんです。

彼が登山をはじめたきっかけが、

高校で先輩を殴って停学になっているときに、

読んだ植村直己さんの本に触発されて

登山を初めたそうなんです。

その高校が、僕が行っていた高校なんですね。

噂では・・・どうしようもないやんちゃ者だったらしく・・・。

今では、あんな素晴らしい方ですもんね。

やっぱり人の可能性は無限大なんだなって思っちゃいます。

僕が在学中にも一度学校を訪れてきてくれて、

その時にお話を聞いたのですが、ぞくってするんです、彼の話。

生と死の狭間を行き来している話を、日常茶飯事のような感じで、

さらっと面白おかしく言うんです。

でも、たまにすごい事言うんです。

その瞬間、顔というか目が本気なんですね。

あれがまた人を引きつけるんだろうなって思いました。

それにしても、あの人よく話します(笑)。

本当は2時間だったのですが、結局2時間半しゃべりっぱなし。

でも、面白くてついつい聞き入ってしまいます。

山では生死をさまよって、日本では政治と戦って、

ほんっというにいろいろな事を経験してらっしゃいます。

それでこそ、あんなさらさらと生死について語れるんでしょうね。

僕が彼の話の中で一番好きなのは、

登山中、酸欠で意識が朦朧としている中、

決断に迫られた時の話です。

たとえば、2回目にエベレストに挑戦したとき、

1回目は失敗してしまい、日本でいろいろ叩かれ、

今回は絶対に登頂しなければ行けないというプレッシャーの中、

最後の最後という所で、天候が悪くなり、意識が朦朧とする中、

トライするかしないかという決断をしなければいけなかったそうです。

結局、彼は、「生きなければいけない」と思い、登頂を断念したそうです。

その時、一緒にいた仲間は、登頂を決意し、亡くなってしまったそうです。

登山では、そうした決断一つ一つが常に生と死の別れ目だと言います。

彼は、決断という物は、自分の価値観をしっかり持たなければいけない

と、言っていました。

何が一番大切なのか、そこをはっきり自分の中で持っていれば、

いつも自分にとって正しい決断ができるそうです。

結局2回目も登頂できなかった野口さんは、

メディアやスポンサーから叩かれる事になったのですが、

今でも、あの時の決断は間違っていなかったとおっしゃっています。

社会的地位などを失う事よりも、生きることを何よりも優先に考えたと言う事です。

やはり、自分で、しっかりとした「価値観」を持つ事が大切なんですね。

何が大切なのか、そういう価値観です。

例えば、会社の社長さんなんかでも、

本当に大切なのは、利益だけなのか・・・・・・。

利益が一番大切だという価値観を持っていると・・・・・って言う事ですね。

いやぁ、2時間半、本当に楽しい講演会でした。

他にもたっっくさんお話がありましたが、書ききれないので・・・ご容赦ください。

ここで、一部視聴ができるそうなので、良かったらどうぞ。

http://www.tfm.co.jp/earth/noguchi/


野口くん、これからも頑張ってください!
[PR]

by SOGTI | 2009-02-23 00:02 | Events
2007年 12月 09日
On and Off

e0042657_1955636.jpg


いやぁ、今週末

有意義でした(嬉)。

鍋食って

買い物して

美術館行って

夜遊びして

映画観て

ゆっくりして

コーヒー飲んで

本読んで

洗濯して

風呂でゆっくりして・・・

あぁ、すばらしき週末。

あ、すげぇ

食欲の秋

芸術の秋

読書の秋

全部満たしてんじゃん(驚)。

さて、

明日からは

気持ちを仕事モードに

Turn It On!
[PR]

by sogti | 2007-12-09 19:06 | Events
2006年 02月 11日
警察に捕まっちゃいました。
ええ、まさか逮捕されたわけではなくて、交通違反。

まぁ、それがまたむかつく話でねぇ。

ちょっとほかの所に英語で書いたので、汚い言葉をもろに使っていますが読んでください。

それほど怒ってました、おれ。


>OMG, Peoria Cops are IDIOTS. (Peoria is where I live. Its in central illinois).

I got pulled over at 1 fucking AM for NO FRONT LISCENSE PLATE.

I was driving on Farmignton road where all the bars are (well it's Peoria , so when I say ALL the bars, that means 3 or 4 bars). Anyway, I wasn't even drunk. In fact, I didn't have ANY drink at all. Then a cop decided to pull me over all of sudden. I was just driving through the area.
I thought I ran a red light or maybe a cop thought i was drunk. Fine, I can prove i am not drunk. But the officer came up to me and said "you got no front plate". i was schocked. I was driving through middle of the area where ALL the drunk people are driving. and i got pulled over for no fucking license plate? give me a fucking break!!!!!!

so yea I explained to him that my front bracket fell off (which was obvsiouly a lie but my bracket was lucky enough to be in my rear seat). He didnt believe me but he gave me a warning. but...come ON!!!! its 1 am and he's looking for a guy with no front plate???? also he asked me if the M3 was my car for several times. i guess he thought i stole it. oh yes, i can steal my own fucking car anytime I want.


but it was funny to see people reacting as soon as they saw a cop. a lot of cars started making quick right turn, left turn, u-turn, or even pulled over at a store near by so that they wont get pulled over. OBVIOUSLY they are ALL DRUNK or maybe doing some crack. and probably, i was the only person who was NOT fucking drunk. and he pulled me over!!!!!!!!!!! what a fucking idiot. We pay fucking tax to have them protect us. not to harrass us. <


ってなわけで、省略して言うと、夜中の一時に飲み屋街を運転していたら警察に捕まってしまったんですね。そのつかまった理由がというと、フロントバンパーにナンバープレートを付けてないじゃないかと。まぁ、確かにそれは違法だけれどたぶんこの町の40%がたは付けてないっていうあやふやな法律。それなのに、夜中の一時、要するにみんながぐでんぐでんに酔っ払って運転してるような時間に、そんなちんけな理由でつかまったわけですね。適当な言い訳をしてきっぷは逃れましたがどうしても納得できない。おれはまったく一滴も飲んでないし、バーにも行ったわけでもなく、ただそこを通っていただけなのに。おまけに、おれの車を見て怪しげに「これ本当に君の車?」みたいなこと聞いてくるし。

ってなわけで、ちょっと怒ってました。



Q 最近写真は載せないんですか?

A えっと・・・ねたが尽きたので、もうちょっと待ってください。
[PR]

by sogti | 2006-02-11 17:38 | Events
2006年 02月 11日
NIPPON!
負けちゃったよ!!!

悔しいぜこのやろう。

サッカーの人気のない国でやって負けるとはなんとも悔しい。

なぜなら、アメリカ人はサッカーで勝ってもとくに喜ばないから。

それが、むしょーーにむかつく。

今夜は少しパスが回ってませんでしたね。

後半はかなり良い感じで(っていうか後半しか見てないけど)、

何度も「あっ!」「おおぉ!」とか一人で唸ってましたが。

サッカーなかなか面白いね。

一回も見に行ったことないけれど、やっぱり日本代表の試合は一回ぐらい見に行きたい。

なんせおれもアメリカにいる「日本代表」ですから。
[PR]

by sogti | 2006-02-11 15:05 | Events
2005年 10月 19日
いちばん。
e0042657_146019.jpg




何でもいいからいちばんになる。

どんな小さないちばんでもいちばんには変わりない。

その気持ちを忘れずに

次のいちばんに向かっていく。




写真が気に入ったらクリック。
[PR]

by sogti | 2005-10-19 14:09 | Events


    


[