カテゴリ:Life( 45 )

2011年 11月 01日
A Sister's Eulogy for Steve Jo
記録のために残しておきます。

Steve Jobsの妹さんがSteve Jobsのお葬式の時に行った弔辞。

http://www.nytimes.com/2011/10/30/opinion/mona-simpsons-eulogy-for-steve-jobs.html?_r=2&pagewanted=all

日本語訳

http://anond.hatelabo.jp/20111031223226
[PR]

by sogti | 2011-11-01 22:57 | Life
2011年 02月 13日
Justice of Honesty
e0042657_1104034.jpg




ちょっと前に、

"Justice: What's the right thing to do?

「これから「正義」の話をしよう」

という本が流行りましたが、

何が本当の正義なのか?

そんな事が題材になっている

非常に考えさせられる本でした。


最近、二つほどドラマを見て、

考えさせられる事があったのです。

とってもミーハーな今時のドラマですが・・・笑

「大切なことはすべて君が教えてくれた」



「スクール」です。

主人公が両方共教師・・・

という所が重要なんじゃなくって、

共通点は、主人公が、

とても正直で正義感の強いタイプという所です。

では、なぜそれついて考えさせられるのか。

この両方のドラマ中で、

主人公が純粋で真っ直ぐで正直な故、

自分のその正義感を貫き通そうとして

逆に他人に迷惑をかけてしまうという

ストーリーなのです。

正しい、正義だと思ってやっていることでも、

実は相手もしくわ、周りが迷惑する・・・。

本当に「正しいこと」とは、

自分の考える正義を貫きとうすことなのか、

それとも周りにとって最良の選択をすることなのか。

恋愛でもビジネスでも、

相手の立場になって考える事は

非常に重要だと思います。

同時に、自分の中で「軸」というものを持つのも

非常に重要だと思います。

要は、その二つのバランスなのでしょうか。

ただ、1つ思ったのは、

いろいろな視点から物事を判断する力をつける

ことは大切ではないかと。

だから、いろいろな価値観を持っている人と話して、

「こんな考え方もできるんだ」と思うことも重要ですよね。

そうやって、自分の考え方の「幅」を広くする、

でも「軸」は広くしない。

なんかうまくまとめられませんでしたが、

そんな事を二つのドラマを見て、

こんな感じの事を思ってしまいました。
[PR]

by sogti | 2011-02-13 01:10 | Life
2010年 07月 25日
Quote from The Last Lecture
下のThe Last Lectureで、

様々なメッセージを皆さんは感じたと思いますが、

意外とスルーしてしまいそうで、

納得した話を抜粋します(笑)

「When it comes to men,

when they are romantically interested in you,

It's simple,

you have to ignore everything they say,

and only pay attention to what they do.」

直訳すると

「男にかけては、

もしあなたに言い寄ってきたら、

単純に、

彼らの言うことはすべて無視して、

彼らのやること(行動)だけに注目すること」

いやぁ、参った!

甘い言葉に騙されずに、

本質を見抜く方法・・とでも言いましょうか。

女性の皆さん、お試しあれ(笑)
[PR]

by sogti | 2010-07-25 21:57 | Life
2010年 07月 25日
The Last Lecture
テクノロジーの進化で

人間本来の感性等が失われつつある・・・

なんて良く聞きますが、

今夜はYoutubeの素晴らしさを感じました。

上手いプレゼンが観たいなぁと思って、

Youtubeを検索していたら、

素晴らしい動画に巡り会えたからです。

一番最初に出てきたのは、

Steve Jobsの伝説のスピーチ@Standford。

このスピーチはとても感動的ですし、

様々な知恵が入っていますね。

特に、最後の

「Stay Hungry, Stay Foolish」

は印象的です。

そういえばこの一文、

「野心的であれ、バカであれ」

と良く訳されているようですが、

本当の意味は、

「一般論や固定観念なんか捨てて、

チャレンジ精神を持て。」

の様です。

多分英語で聞いても最初はわからないですよね。

そうすると、途端になんだか意味が深く感じてきます。

※動画ファイルが2つに分割されているので、
続きは探してください。



その次に見つけた素晴らしい動画は、

Randy Pauschという人の

「The Last Secture」というプレゼンテーションです。

アメリカ、カーネギーメロン大学の教授なのですが、

カーネギーメロンでは、

「The Last Lecture」という題で、

もしあなたが明日死ぬとしたら、どのような講義をしますか?

というコンセプトで行っているプログラムでしたが、

このRandy Pauschという教授は、

ガンを宣告され、余命3−6ヶ月とお医者さんに言われたそうです。

だから本当に「The Last Lecture」になっちゃった・・

なんて冒頭でジョークをいってますが・・。

内容は「Achieving your childhood dream」

子供の頃の夢を叶えるには?

です。

あとは、観てみてください。

1時間以上の長い講義ですが、

興味のある方は是非。

※動画ファイルが9つに分割されているので、
続きは探してください。




さらに、

お亡くなりになる前の、

カーネギーメロンの卒業式でのスピーチ。

とても感動です。


[PR]

by sogti | 2010-07-25 21:38 | Life
2010年 06月 07日
Standing up for something
e0042657_223163.jpg



とても興味深いBlogを読んだのでご紹介します。

堀 義人氏のBlogです。

もしご存じなければ、

Webで調べてください(笑)。

いろいろ経緯があるのですが、

詳細はカットさせていただき、

気になった一文をご紹介。


「日本の価値観で世界と向き合ってはいけないのだ。

日本(人)は、「大人」なのか、「弱虫」なのか、

静か過ぎると思う。批判されたら反論する。

侮辱されたら、発言の真意を問い、責任をとってもらう。

この姿勢を全員が持てば、日本に対するトーンは変わり、

日本への信頼は増すであろう。」


みなさん、どう思いますか?

会社にいても、上司の「言いなり」な人が

多数いるような気がします。

会議中何も発言しない人
(会議の内容に興味がない人)

侮辱されても平気な人

否定されたらすぐ謝る人
(信念がない人)

責任をとらない人。

そんな人が会社に溢れているこの現状が、

堀氏のBlogを見て共感させてられてしまいます。

「年功序列だから仕方ない」

と言う理由では片付けられない気がします。

最近、新聞を読んでいて、

よく「日本には世界に通じる人材が必要だ」

と書かれていますが、

まさにこういう事なのではないでしょうか。

何かのために一所懸命になれる人、

がもっともっと必要な気がします。

何かとは、自分の人生だったり、夢だったり

目標だったり、意見だったり、

守りたい物だったりします。

ただ、重要なのは、

「グローバルな人材が必要だ」

と、唱えることではなく、

自分がそうなる様、

努力することだと思いました。


※堀氏のBlogはこちら
http://blog.globis.co.jp/hori/

「国際社会と日本社会の価値観の違い」
というタイトルの記事です。
[PR]

by sogti | 2010-06-07 22:47 | Life
2010年 01月 10日
Reading
たまには本の紹介でも(笑)今年は読書もたくさんしなければと言うことで、今年始まってから読んだ本をご紹介します。


君と会えたから・・・

喜多川 泰 / ディスカヴァー・トゥエンティワン

スコア:



この本は、いわゆる「自己啓発」本です。ただ、全て小説として書かれていて、実際の人生の中での例みたいな感じでいろいろな事を教えてくれます。っていうか、この小説のストーリーが普通に面白い(笑)。人生に悩んでる方、伸び悩んでる方、目標がハッキリしない方等にオススメです。自己啓発系に興味のない方は、すこし物足りないと感じるかもしれません。

松翁論語 (PHP文庫)

松下 幸之助 / PHP研究所



経営の神様、松下幸之助の「名言集」のようなものです。一つ一つの名言の背景は一切書かず、名言をだーーーーっと並べただけという本。これまたいろいろな解釈ができるので、「これはもっと深い意味があるのかなぁ」なんて考えて読んでると面白いです。松下先生の本は何冊か読んだことがありますが、読む度に感銘を受けます。経営に興味ない方は、人生についても本を出しているので、一冊ぐらいは絶対に読んでいただきたいです。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

クリス・アンダーソン / 日本放送出版協会



これは少し専門的になりますが、フリーを軸に戦略を立てていく事が成り立っている現代のビジネスモデルを説明・紹介しています。多分、従来の「商売」と言う感覚を持っている方が読むと「そんな考え方があったのか!」と思うのか「そんな簡単に行くか・・・」のどちらかに分かれると思います。僕も100%賛成はしませんが、一つの考え方としてはとっても面白いですね。


最近は「小説」をあまり読んでないので、何か、「泣ける小説」を読みたいなと思ってます・・・・。
[PR]

by sogti | 2010-01-10 23:20 | Life
2009年 11月 27日
Global Warning
今日はひっさびさにタクシーに乗る機会ありました。

とっても疲れていたから

運転手さんに声をかけられても

気の無い返事をしていたのですが、

ちょっと話してみるととても物腰の低く丁寧な方だったので、

これは申し訳ないなと思い少しお話する事にしました。

ま、いろいろ話したのですが、

ひとつ強く強調されていたのが、

「最近の人は変わりましたね。

湯沸かし器のようにすぐ切れる人が多いんです。

25年間この仕事を続けてきて、来年定年なんですが、

もうこの仕事は2度やりたくないですねぇ」

なんて言ってました。

ちょっとやそっとの事ですぐ怒ったり、

中には実際に暴力を振るうお客さんも少なくないそうです。

温暖化やら何やらで地球もおかしくなっているけれど、

人間の方がおかしくなってますよねーなんて言ったら、

「その通りですよーー!笑」

なんて(笑)

ストレスが溜まったって、

他の人にあたっても、何の解決にもなりませんよね。

それよりも、今日の運転手さんのような方と

楽しくお話しているほうが、

よっぽど「あぁ今日は良い人と出会えたな」

ってうれしい気持ちになります。

降りるときには一言、「お気をつけてくださいね」

って声をかけたら、非常に喜んでくれました。

そんな一言で他人に良い気持ちをさせる事ができるなんて

なんて簡単(いい意味で)なんだろうって思っちゃいました。

そういう小さなことを大切にしていきたいです。

人間は一人では生きていけないのだから、

他人に幸せになってもらわなければ、

絶対に自分も幸せになれないのです。

だから相手に怒るよりも、

感謝する気持ちを強く持たなくては。

難しい事ですけどね。

そんな事をお風呂の中で考えていたのですが、

そもそも何で最近の人は「切れやすい」のかなぁ、

って考えていたら、

まぁ、このBLOGも原因の一部かもしれませんが、

インターネットやあらゆる通信機器の発達のせいなのかなって

ちょっと思いました。

インターネットや携帯のメールって

相手の顔が見えないじゃないですか。

直接話すと、顔の微妙な動きや、

声のトーンなんかで、相手の気持ちがとっても良くわかりますよね。

でも、インターネットで発言をしたりしても

相手の顔は見えないから相手の事を考える事をしなくなったのかなって。

携帯メールでも若干そういうことはあるのかもしれません。

だから、だんだん僕らは相手の事を考える能力を失ってしまって、

相手の感情なんか無視して「切れてしまう」のかもしれません。

ここ最近の技術の進化のスピードはとても早いですが、

逆にその技術をうまく人間が使いこなせていないのが、

現状なのかもしれませんね。

そう考えると、絵文字というのは、

そういった感情を伝えたい、相手に理解してもらいたいという

欲求があるからこそ生まれたものなのかもしれません。


え?久しぶりにBLOGの書き込みしたと思ったら、

まじめなこと書きすぎだって?

そりゃ、僕だってたまには真面目になりますよ(笑)

最近は仕事で成果がやっと出始めてうれしかったり、

まぁ、その逆もあり凸凹ですが、

ぶっちゃけ、そんなもんですよね(笑)

それよりも、その凸凹をいかに楽しんで、

自分の利益として見れるかが重要なのかと

最近思うのです。

この不景気はある意味、

とても自分を成長させてくれる良い機会(と言ったら語弊でしょうか・・・)

だったと個人的には思います。
[PR]

by sogti | 2009-11-27 23:46 | Life
2009年 04月 27日
Arigato
e0042657_2228227.jpg





また逢える日まで。

心より、

感謝を込めて。
[PR]

by sogti | 2009-04-27 22:30 | Life
2007年 01月 01日
a happy new year
e0042657_114157.jpg




今年もいろんなことを

見て

感じて

想って

撮ってゆきたいと

思っておりますので

よろしくお願い致します。
[PR]

by sogti | 2007-01-01 01:03 | Life
2006年 10月 29日
exhausted..
e0042657_8243094.jpg




つかれた。

もう24時間ぐらい起きてたりして。

部屋に帰ったら引越しの箱だらけで

せっかくだから片付けるか

と思って意気込んでいたら

あっという間脚の踏み場がなくなるほど

汚くなって・・・

そろそろ限界、寝るか・・・

と、思って

ベッドを見たら・・・

ちゃんと組み立てられてない(涙)

また分解して一からやり直し。

なんて考えてたら嫌になったので

現実逃避のためにスタバでネットサーフィン中。

新しいアパートにはまだ高速インターネットも

ない・・・。

早く気持ちいシーツに包まれて

寝たい・・・。




ちょっと今回は日本シック。
[PR]

by sogti | 2006-10-29 08:27 | Life


    


[