2010年 10月 11日
Formula 1
いやぁ、いってまいりました。

F1日本GP@鈴鹿!!

車好きの割にはあまりF1に興味がずっとなかったのですが、

この2−3年で大ファンに。

そして、今回念願の生F1!!!!

予選の土曜日の朝に東京を出発して、

レンタカーで渋滞を切り抜けながら

やっとこさと三重に入ったのですが、

大雨・・・・。

体調もあまり良くなかったので、

日曜日の決勝のみの現地入りとすることにしました。

そしたら、大雨の影響で予選が中止になったと後で知り、

会場にいた皆さんには申し訳ないものの、ラッキー♪

その夜は、前日公開したアイルトン・セナの映画を鑑賞。

e0042657_23144987.jpg


F1の政治に翻弄されたセナの物語。

純粋にレースがしたかった、そんな思いが伝わってくる映画です。

はっきりいって、この映画はとてもおすすめです。

F1好きではなくとも。

映画館にはなんと女性の二人組も結構いて、

皆、涙していました。

そんな感じで、テンションあげあげ。

そして映画館を出ると、

次の日の日曜まで続くと言われている雨がやんでる!

神が降りてきた瞬間(笑)

予選と決勝が一日で行われるという異例の、

10月10日(日)を向かえ、

会場に着くと、午前中まで降り続くと言われた雨の予報が嘘だったような、

晴れ。

っていうか、暑い・・・(汗)

事前に渋滞情報などを仕入れていたので、

かなり早めに行動。

車、電車、バスを駆使して会場入り。

映画もそうでしたが、結構女性が多いんですね。

びっくりでした。

それはさておき、予選の開始時刻と共に、

各マシンのエンジンに火が入ります。

第1コーナーを過ぎて、僕の前を通りすぎていく

F1マシンの初生音を聞いて、鳥肌がたってしまいました(笑)

予選から大興奮のF1観戦、

今年の鈴鹿はリタイヤが7台(だったかな?)と混戦で、

とても面白かったです。

それもそのはず、あの小林可夢偉が素晴らしかったんですね。

今年一番の走りを地元ニッポンで見せてくれました。

海外メディアもそうとう注目してるそうです。

ま、とりあえず大興奮の中、鈴鹿を後にして、

そこからまたバス・電車・車と・・・その日の夜に東京に帰ってきました。

車のレース見に行くんだから、車で行くのが筋でしょう!

とか思って車で行きましたが、一日中外でレース観戦した後の、

5時間ドライブは相当応えました。

これも年のせいでしょうか(笑)

いやぁ、来年も行きたいな・・・。


e0042657_23181517.jpg


e0042657_23181728.jpg


e0042657_2318995.jpg


e0042657_23181156.jpg


e0042657_2318134.jpg


レンズはEF100-400mm F4.5-5.6L IS USM。

今回はレンタルをしてみました。

レース写真、難しかったぁ・・・・。
[PR]

by sogti | 2010-10-11 23:36 | Photography


<< Blue and White      Outside Box >>


[