2009年 08月 03日
Openin'&Closin'
e0042657_23124021.jpg



最近良く思う事があります。

それは会社のエレベータでの事。

ある人が自分の階で降りる際、

他の人に迷惑?をかけまいとしてか、

「閉」ボタンを押す人がいる。

自分は降りるのに「閉」を押すのだから、

ちょっとした素早い動きだ。

たまに失敗して、

「閉」を押したのだけれど、

動きが素早くなくて、

ドアのセンサーが感知してしまい、

早く閉じるどころか余計に時間が掛かってしまう・・・。

なんて光景、目にしたことありませんか?

自分の身を素早消したいのだろうか、

はたまた1秒か2秒を他の人に待たせたく無いという親切心なのか。

さて、エレベーターに乗っているともう一つのタイプの方々を目にします。

それは、最初にエレベーターに乗り込んだのに、

後の人のために「開」を押さない人たちです。

例えば、僕がエレベーターに乗るのが5人目ぐらいだとすると、

自分の前に乗った人達が誰も「開」を押さないが為に、

僕がさぁ乗ろうとすると閉じてしまう。

そんな経験もありませんか?

僕にとって、この二つの行動がとても不思議なのです。

開けてあげる行為よりも、自分が去る行為を優先しているからです。

日本にいると非常にこれを頻繁に感じます。

例えば、デパートやお店のドア。

自分たちは前の人が開けたドアが閉まる隙間に入って、

後ろの人のために押さえてあげようなんてこれっぽっちも思ってない。

なんでなんでしょうね.

僕がアメリカにいた時、こんな事は一切ありませんでした。

文化の違いなのか・・・それだけで片付けて良いのか。

他人に対するちょっとした優しさや思いやりがあっても良いのではないか・・・・

と、最近ふと思います。

もちろん、日本にもすばらしい方はたくさんいます。

ただ、そうでない方が非常に多いなと感じてしまうのです。
[PR]

by sogti | 2009-08-03 23:28 | Photography


<< Golf      Scenery >>


[